不用になったマンションを貸すことを考えた時に利用できた一括査定のメリット

物件を売却対象というイメージが賃貸用が存在

私のマンションの場合では既に数多く場所に対してリフォームを行ってきたので、築年数の割には比較的綺麗な状態を保っていました。直ぐにでも他人に貸すことができる状態ではありましたが、実際に貸すといってもその方法が分かりません。近隣で営業を行う不動産会社に相談してみることも当初は考えたのですが、貸す際に設定される家賃の相場というものが明確に分からなかったので、大きな不安を抱えてしまっている状態でした。そんな時にインターネットで探すことができたものがあり、物件を貸すことを希望している全ての方々に活用できる、賃貸用の一括査定サイトです。私の知識では一括査定の場合では、物件を売却される方が対象というイメージを持っていたのですが、賃貸用が存在していることはこれまで知りませんでした。

便利なサイトをみつけることができたので、早速、物件の情報などを全て入力したところ、後日複数の不動産会社から家賃の査定額を教えられることになりました。数万円もの差額が生じていたことも事実になり、私のケースではやはり高い家賃額を提示している不動産会社に任せることになりました。その後は不動産会社で賃貸物件として宣伝を行ってもらうことができ、営業さんの努力もあって申し込みから約3週間程度の期間で借主をみつけることに成功しています。私が不安に感じていたことがあり、その内容は物件の維持管理に関することです。最初は私が自ら管理などを行うことを求められるものと解釈していたのですが、実際には不動産会社にて管理部を持っているとのことで、管理を任せることもできました。